No.7 空調設備に使用されたブライン液の処理は?

空調設備で利用しているブライン液は凝固点が低く、温度がマイナスになっても凍結することがないので
当初、寒冷地仕様として車のラジエーター用不凍液として利用されていました。
その後、電力需要の増大とともに、夜間電力の有効活用として蓄熱槽、特に小スペースで大量の熱を
蓄えられる氷蓄熱槽システムに利用されるようになってきました。しかしながら90年代に本格的に導入された
氷蓄熱槽システムは、20年以上経過し、更新時期に差し掛かっています。

< ブライン液とは >
  ブライン液の主成分はエチレングリコールで他に水や防錆剤が入ってます。
  エチレングリコールは消防法では「危険物第4類第3石油類」に指定されています。
  主なメーカーはM化学やN触媒、S化学などで、最終処分はこれらのメーカーの
  工場で高温焼却処分されています

リニューアルに伴い、ブライン配管を撤去する際、どうしたらよいのか分からないという声をよく聞きます。
主な留意点をあげてみました。

@ 不凍液は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第二条第四項第一号の「廃油」若しくは「廃アルカリ」
  に該当しますので産業廃棄物として、適正に処理しなければなりません。コンプライアンスを疎んじると、
  昨今は企業の存続を危うくする事態に発展します。
A エチレングリコールが主成分の不凍液は15年以上利用していると、蓄熱能力が低下してくるとともに
  腐敗臭が酷くなってきます。
B ブライン配管は構造が複雑であるにも関わらず、ほとんどの場合、必要な個所にドレンバルブが設置
  されていません。そのため、配管のポケット部にはブライン液が多量に残留し、抜き取りの妨げになって
  います。こうした問題を解決するために、弊社の洗浄・回収技術がお役にたちます。
C 弊社では、洗浄回収したブライン廃液は、ケミカル系の産廃処理業者(収集運搬・中間処理業許可)と
  連携して作業を行っています。安全・安心、そして確実に行います。


エコ技術として開発された氷蓄熱システムが、最終段階で環境汚染をしては何にもなりません。
ブライン配管の抜き取り・洗浄は、実績ある当社へお申し付けください。
当社のサイクロン工法やアジェット工法がお役に立ちます。

                                                         2015.9.30


         
社長の現場レポート
目次へ